薩摩藩邸跡(二本松) その4

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 薩摩藩邸跡(二本松) その4 薩摩藩邸跡(二本松)(さつまはんていあと) その4 2010年1月17日訪問 薩摩藩邸跡 京都市の駒札 薩摩藩邸跡(二本松) その3では本題である薩摩藩二本松藩邸が、この地に作られるまでの経緯を見てきた。この項では小松、西郷、大久保の京都での寓居跡と藩邸の位置関係を確認しておく。小松帯刀寓…

続きを読む

薩摩藩邸跡(二本松) その3

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 薩摩藩邸跡(二本松) その3 薩摩藩邸跡(二本松)(さつまはんていあと) その3 2010年1月17日訪問 薩摩藩邸跡 薩摩藩邸跡(二本松) その2では薩摩藩の岡崎藩邸と小松原調練場について見て来た。軍事力を京都の地に置くためには、藩兵が寄宿する場所の他に軍事訓練を行える場所の確保が重要となる。そして武器の主流が刀や槍…

続きを読む

薩摩藩邸跡(二本松) その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 薩摩藩邸跡(二本松) その2 薩摩藩邸跡(二本松)(さつまはんていあと) その2 2010年1月17日訪問 薩摩藩邸跡 薩摩藩邸跡(二本松) では幕末期の京屋敷について見て来た。江戸時代初期より京には諸藩の武家屋敷、すなわち京屋敷が設けられてきた。禁中並公家諸法度により、「一 武家之官位者、可爲公家當官之外事」と武家と…

続きを読む

薩摩藩邸跡(二本松)

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 薩摩藩邸跡(二本松) 薩摩藩邸跡(二本松)(さつまはんていあと) 2010年1月17日訪問 薩摩藩邸跡 同志社大学今出川キャンパス西門前 烏丸通の西側にある大聖寺は一般公開を行っていないため、その境内を拝見させていただいた。烏丸通沿いに築かれた築地塀に背を向けるようにして、花乃御所の石碑が建てられている。平成7年(19…

続きを読む

足利将軍室町第址 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 足利将軍室町第址 その2 足利将軍室町第址(あしかがしょうぐんむろまちだいあと)その2 2010年1月17日訪問 足利将軍室町第址 白峯神宮 その9の南門を潜り今出川通に出る。そのまま今出川通の北側の歩道を東に進むと、室町通の東北角に足利将軍室町第址の石碑が現れる。大正4年(1915)に京都市教育会が建立した碑で、「従…

続きを読む

本阿弥光悦京屋敷跡 その3

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 本阿弥光悦京屋敷跡 その3 本阿弥光悦京屋敷跡(ほんあみこうえつきょうやしきあと)その3 2010年1月17日訪問 本阿弥光悦京屋敷 本阿弥光悦京屋敷跡 その2では室町期の京の町の成り立ちから五山十刹の繁栄と衰退、そして京の町衆への法華宗の浸透について見てきた。この項では、応仁の乱以後の法華宗の発展と法難、そして本題で…

続きを読む

本阿弥光悦京屋敷跡 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 本阿弥光悦京屋敷跡 その2 本阿弥光悦京屋敷跡(ほんあみこうえつきょうやしきあと)その2 2010年1月17日訪問 本阿弥光悦京屋敷 本阿弥光悦京屋敷跡では初代・妙本から光悦にいたる系図を参照しながら本阿弥家の成り立ちについて見てきた。この項では、室町期の京の町の成り立ちから五山十刹の繁栄と衰退、そして京の町衆に法華宗…

続きを読む

本阿弥光悦京屋敷跡

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 本阿弥光悦京屋敷跡 本阿弥光悦京屋敷跡(ほんあみこうえつきょうやしきあと)2010年1月17日訪問 本阿弥光悦京屋敷 一部駐車場と化している報恩寺の境内を南に進むと上立売通に出る。この上立売通から油小路通に入る角に、かつての小川の痕跡を示す橋の欄干と昭和十年水害浸水被害記念碑が残されている。昭和10年(1935)6月2…

続きを読む

百々橋 その4

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 百々橋 その4 百々橋(どどばし)その4 2010年1月17日訪問 小川 百々橋 その3では、応仁の乱の火種となった畠山家のお家騒動の続きを中心に、文正の政変直前の対立構造を書いてきた。ここでは政変前後の権力関係の変化から御霊合戦そして応仁の乱の初戦までを書いていく。 文正元年(1466)夏の時点で、第8代将軍・足利義…

続きを読む

百々橋 その3

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 百々橋 その3 百々橋(どどばし)その3 2010年1月17日訪問 小川 百々橋 その2の項では、応仁以前の京の景観を描いたとされる中昔京師地図を基に、小川沿いの社寺及び東西両軍の大名邸宅の位置と室町幕府第6代将軍・足利義教の恐怖政治が齎したものについていた。この項では応仁の乱の火種となった畠山家のお家騒動の続きを中心…

続きを読む

百々橋 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 百々橋 その2 百々橋(どどばし)その2 2010年1月17日訪問 小川 小川町通寺之内の西北角に残された百々橋の礎石 水火天満宮の南に広がる扇町児童公園から小川通に入り南に下る。小川通が寺之内通と交わる北西角に細長い児童公園が現れる。小川の項でも触れたように、かつて小川通“おがわとおり”に沿って小川“こかわ”が流れて…

続きを読む

是より洛中碑

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 是より洛中碑 是より洛中碑(これよりらくちゅうひ)2010年1月17日訪問 是より洛中碑 光照院門跡の山門右脇にある持明院仙洞御所跡の石碑を確認した後、室町通に戻り、室町頭町にある室町小学校を目指す。 室町頭町は室町通の両側町。町名の頭町は室町通の北端という意味を持っている。現在の室町通は、途中東本願寺と京都駅で分断さ…

続きを読む

持明院仙洞御所跡

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 持明院仙洞御所跡 持明院仙洞御所跡(じみょういんせんとうごしょあと)2010年1月17日訪問 持明院仙洞御所跡 光照院門跡の山門右脇に持明院仙洞御所跡の石碑が建つ。後伏見上皇の皇女・進子内親王が泉涌寺の無人如導によって落飾し、自本覚公尼となったのは、延文元年(1356)のこととされている。この時に室町一条北に光明院が創…

続きを読む

藤井右門邸跡 その5

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 藤井右門邸跡 その5 藤井右門邸跡(ふじいうもんていあと)その5 2010年1月17日訪問 藤井右門宅跡 藤井右門邸跡 その3及び、その4で明和事件の主犯とされる山縣大弐と藤井右門の宣告とその最期を見てきた。この項では宝暦事件の主犯で明和事件にも連座した竹内式部の最期と事件終結後の藤井右門の末裔とその自邸の変遷について…

続きを読む

藤井右門邸跡 その4

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 藤井右門邸跡 その4 藤井右門邸跡(ふじいうもんていあと)その4 2010年1月17日訪問 藤井右門宅跡 2016年3月5日撮影 藤井右門邸跡 その3では明和事件において山縣大弐捕縛となった経緯と処罰がいかに決定し、刑に処せられたかについて書いてきた。ここでは藤井右門の宝暦・明和の二事件にどのように関与し、その最期を明…

続きを読む

藤井右門邸跡 その3

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 藤井右門邸跡 その3 藤井右門邸跡(ふじいうもんていあと)その3 2010年1月17日訪問 藤井右門宅跡 2011年6月18日撮影 藤井右門邸跡 その2では、明和事件の主犯とされる山縣大弐の経歴と事件の遠因となった柳子新論、そして事件の発端となった小幡藩での吉田玄蕃監禁について書いて来た。この項では山縣大弐逮捕に至った…

続きを読む

藤井右門邸跡 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 藤井右門邸跡 その2 藤井右門邸跡(ふじいうもんていあと)その2 2010年1月17日訪問 藤井右門宅跡 藤井右門邸跡では、藤井右門が関与した明和事件を説明する前に、宝暦事件の経緯を竹内式部中心に見て来た。この項では明和事件の思想的な核となる柳子新論とその著者である山縣大弐について書いて行く。宝暦事件の舞台が京都である…

続きを読む

藤井右門邸跡

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 藤井右門邸跡 藤井右門邸跡(ふじいうもんていあと)2010年1月17日訪問 藤井右門宅跡 2016年3月5日撮影 相国寺墓地の禁門変長州藩殉難者塔より、再び方丈の横に戻る。境内を南に歩き経蔵の角を右に曲がると塔頭の瑞春院と西門が見えてくる。この門は上立売通に建てられているので、境内を出るとすぐに烏丸上立売の交差点となる…

続きを読む

薩摩藩戦死者の墓 その3

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 薩摩藩戦死者の墓 その3 薩摩藩戦死者の墓(さつまはんせんししゃのはか)その3 2010年1月17日訪問 相国寺 薩摩藩戦死者墓 薩摩藩戦死者の墓 その2では、甲子戦争での薩摩藩の戦闘状況を書いてきた。この項では薩摩藩戦死者の墓に祀られている人々の行動を墓に埋められた陶板と幕末維新全殉難者名鑑を比較しながら明らかにする…

続きを読む

応仁の乱勃発地

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 応仁の乱勃発地 応仁の乱勃発地(おうにんのらんぼっぱつち) 2010年1月17日訪問 応仁の乱勃発地 上御霊神社の西の楼門と鳥居を潜り、上御霊前通に出ると鳥居の右手側に応仁の乱勃発地の石碑がある。これは京都市が昭和45年(1970)に建てた碑である。 応仁の乱とは、室町時代の応仁元年(1467)から文明9年(1477)…

続きを読む

贈 正四位入江九一外七名首塚 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 贈 正四位入江九一外七名首塚 その2 贈 正四位入江九一外七名首塚(ぞう しょうしいいりえくいちほかななめいくびつか)その2 2010年1月17日訪問 贈 正四位入江九一外七名首塚 贈 正四位入江九一外七名首塚では首塚の主である入江九一の略歴、甲子戦争での最期の状況について越前側の視点も含めて見て来た。ここでは首塚が発…

続きを読む

贈 正四位入江九一外七名首塚

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 贈 正四位入江九一外七名首塚 贈 正四位入江九一外七名首塚(ぞう しょうしいいりえくいちほかななめいくびつか) 2010年1月17日訪問 贈 正四位入江九一外七名首塚 上善寺山門前の碑 上善寺の山門前には3つの碑がある。先ず一番大きな「第一番六地蔵寺」、六地蔵巡りのためのものであろうが鞍馬口通に面する碑文には上善寺の文…

続きを読む

師範桜碑

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 師範桜碑 師範桜碑(しはんさくらひ) 2010年1月17日訪問 師範桜碑 出雲路橋の西詰北側の公園の一角に出雲路鞍馬口の石碑が建つ。この地はかつて、出雲より都に来た人々が多く住む集落があったため出雲郷と呼ばれていた。賀茂川の西岸に現在でも出雲路を冠する町名が残る。出雲路は洛北にあって鞍馬に至る鞍馬街道の出発点でもあり、…

続きを読む

出雲路鞍馬口

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 出雲路鞍馬口 出雲路鞍馬口(いずもじくらまぐち) 2010年1月17日訪問 出雲路鞍馬口 光格天皇御胞塚の石碑の建つ護浄院の境内から河原町通に出る。ここより市バスを使い出雲路橋に向う。鴨川の西岸に沿った道の内、葵橋西詰から京都産業大学総合グランドの北にある高橋の西詰までを加茂街道と名付けている記事を見かけたことがある。…

続きを読む

光格天皇御胞塚

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 光格天皇御胞塚 光格天皇御胞塚(こうかくてんのうおんえなづか) 2010年1月17日訪問 光格天皇胞衣塚 護浄院の境内に、五輪塔とともに光格天皇御胞塚の石碑が建つ。碑文は光格天皇御胞塚とあるだけで建立年や建立者も記されていない。碑文も摩滅し読み辛くなっているため、「第百十九代光格天皇御胞塚」という駒札が新たに建てられて…

続きを読む

清三宝大荒神尊

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 清三宝大荒神尊 清三宝大荒神尊(きよしさんぽうこうじんそん) 2010年1月17日訪問 清三宝大荒神尊 護浄院の荒神口通に面した山門の東脇に、清三宝大荒神尊と記された石碑が建つ。一見すると護浄院の建てた寺号を示す碑の様に見えたが、裏側(南面)の建立者を見ると、三宅安兵衛遺志とある。大正15年12月の建立である。三宅安兵…

続きを読む

明治天皇行幸所京都府尋常中学校阯 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 明治天皇行幸所京都府尋常中学校阯 その2 明治天皇行幸所京都府尋常中学校阯(めいじてんのうぎょうこうしょきょうとふじんじょうちゅうがっこうあと)その2 2010年1月17日訪問 明治天皇行幸所京都府尋常中学校阯 2009年12月10日撮影 2010年1月に京都府立鴨沂高等学校を訪れた際はまだ高校として使われていたが、2…

続きを読む

法成寺址 その5

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 法成寺址 その5 法成寺址(ほうじょうじあと)その5 2010年1月17日訪問 法成寺址 左側は京都府立鴨沂高等学校の運動場 明けましておめでとうございます。2017年最初の更新となります。  昨年は9月頃から”別の作業”が忙しくなり、なかなか更新することが出来なくなりました。その作業も凡そ目途がつき、3月頃には完了す…

続きを読む

史跡・御土居

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 史跡・御土居 史跡・御土居(しせき・おどい) 2010年1月17日訪問 廬山寺 御土居 廬山寺墓地の東側、河原町通との間に南北に並ぶ木の列が見える。墓地の地盤に比べてやや高台になっている箇所が、豊臣秀吉の天正の地割りと共に築かれた御土居の東端にあたる。中村武生氏の「御土居堀ものがたり」(京都新聞出版センター 2005年…

続きを読む

大久保利通旧邸 その3

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 大久保利通旧邸 その3 大久保利通旧邸(おおくぼとしみちきゅうてい)その3 2010年1月17日訪問 大久保利通旧邸 中央に石薬師中筋が見える 西郷の寓居もこのあたりにあったと思われる 大久保利通旧邸 その2では大久保利通が小松帯刀より御花畑邸にあった茶室を譲り受けて、石薬師邸の南庭に移設したところまでを書いてきた。こ…

続きを読む