嵯峨野の町並み その9

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 嵯峨野の町並み その9 嵯峨野の町並み(さがのまちなみ)その9 2009年12月20日訪問 2009年12月20日訪問 嵐山花灯路2009 落柿舎 貞和3年(1347)に夢窓疎石が裏書したことにより、「大井郷界畔絵図」は天龍寺と臨川寺が対立することなく、臨川寺領を維持できるようにその寺領を朱線で囲んで示したことが分かる…

続きを読む

嵯峨野の町並み その8

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 嵯峨野の町並み その8 嵯峨野の町並み(さがのまちなみ)その8 2009年12月20日訪問 2009年12月20日訪問 嵐山花灯路2009 常寂光寺 嵯峨野の町並み その6では、平安時代初期の嵯峨野の開発と嵯峨院などの建立の経過について、そして葛野郡、乙訓郡、紀伊郡、愛宕郡の4郡の条里プランについて考えてきた。さらに、…

続きを読む

嵯峨野の町並み その7

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 嵯峨野の町並み その7 嵯峨野の町並み(さがのまちなみ)その7 2009年12月20日訪問 2009年12月20日訪問 嵐山花灯路2009 大沢池 長岡京から平安京に遷都が決まると、4郡の条里プランの上に新たな40丈=400尺単位の条坊が作られることとなった。平城京の条坊が180丈と大きかったのに対して平安京では40丈…

続きを読む

嵯峨野の町並み その6

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 嵯峨野の町並み その6 嵯峨野の町並み(さがのまちなみ)その6 2009年12月20日訪問 2009年12月20日訪問 大悲閣千光寺からの眺望 二尊院 時雨亭跡からの眺めは、残念ながら木々が密生しているためあまり良いものではなかった。恐らく展望台として整備していないためであろうが、そのような整備を行われずに今のままの姿…

続きを読む

二尊院 時雨亭跡

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 二尊院 時雨亭跡 天台宗 小倉山 二尊院 時雨亭跡(にそんいん しぐれていあと) 2009年12月20日訪問 二尊院 時雨亭跡 二尊院の本堂の西側の斜面に墓地が広がる。この広い墓地の中で迷わないように、湛空上人廟の前に道標が建てられている。北側は角倉家墓地と三帝の塔、そして南側に進むと時雨亭跡に至る。この道標に従い、湛…

続きを読む

二尊院 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 二尊院 その2 天台宗 小倉山 二尊院(にそんいん)その2 2009年12月20日訪問 二尊院 角倉家墓地 二尊院では、嵯峨天皇による創建から法然と九条家そして法然の弟子達による再興、そして応仁の乱の後の広明恵教と三条西実隆父子による再興について書いてきた。特に江戸時代に入ると、徳川家による寄進だけではなく、嵯峨の豪商…

続きを読む

二尊院

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 二尊院 天台宗 小倉山 二尊院(にそんいん) 2009年12月20日訪問 二尊院 落柿舎を出て、再び愛宕街道に戻り、北に向かって歩く。有智子内親王墓そして去来墓、西行井戸のある弘源寺墓地を過ぎると、二尊院の総門が現れる。二尊院 紅葉の馬場から石段を眺める二尊院 天台宗の寺院・二尊院の山号は小倉山。正式な名称は二尊教院華…

続きを読む

落柿舎 その3

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 落柿舎 その3 落柿舎(らくししゃ)その3 2009年12月20日訪問 落柿舎 落柿舎 その2では、去来の落柿舎購入から芭蕉の三度の訪問について書いてきた。ここではその後の落柿舎について触れてみる。 向井去来は名を兼時、号を元淵と云う。去来は別号である。父の元升は肥前国長崎の儒者で、慶安4年(1651)次男として生まれ…

続きを読む

落柿舎 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 落柿舎 その2 落柿舎(らくししゃ)その2 2009年12月20日訪問 落柿舎 有智子内親王墓の東隣に落柿舎がある。昨年訪れた時は素屋根が架けられ、敷地内に入ることも出来なかった。今年は工事も完了し拝観できる状況になっている。 落柿舎は、松尾芭蕉の弟子である向井去来の別荘として使用されていた草庵で、その名の謂れについて…

続きを読む

有智子内親王墓 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 有智子内親王墓 その2 有智子内親王墓(うちこないしんのうのはか)その2 2009年12月20日訪問 有智子内親王墓 常寂光寺の山門を出て東へ道を進むと、100メートル足らずで視界が開ける。角には三宅安兵衛遺志の小倉山・常寂光寺・歌仙祠の碑が建つ。この石碑は愛宕街道に建ち、常寂光寺への曲がり角を示すためのものである。北…

続きを読む

常寂光寺 その3

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 常寂光寺 その3 日蓮宗 小倉山 常寂光寺(じょうじゃくこうじ)その3 2009年12月20日訪問 常寂光寺 歌遷祠 常寂光寺の仁王門の北側に小倉百人一首編纂の地という小さな石碑が建っている。南面には上記の文字が見え、西面には藤原定家卿山荘址とある。常寂光寺 その2で触れたように、常寂光寺開山時に創建以前よりあった小祠…

続きを読む

常寂光寺 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 常寂光寺 その2 日蓮宗 小倉山 常寂光寺(じょうじゃくこうじ)その2 2009年12月20日訪問 常寂光寺 多宝塔と比叡山 常寂光寺に引き続き、公式HPの寺歴に従うと、慶長年間(1596~1615)に小早川秀秋の助力を得て桃山城客殿を移築し本堂としたとある。これは第二世通明院日韶上人の代のことであり、この桃山城とは伏…

続きを読む

常寂光寺

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 常寂光寺 日蓮宗 小倉山 常寂光寺(じょうじゃくこうじ) 2009年12月20日訪問 常寂光寺 山門 小倉池の北端から80メートル位北に歩くと常寂光寺の山門が現れる。  常寂光寺は日蓮宗の寺院で、山号は小倉山。元々、この地には天龍寺の弘源寺があった。弘源寺は永享元年(1429)室町幕府の管領であった細川右京太夫持之が、…

続きを読む

御髪神社

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 御髪神社 御髪神社(みかみじんじゃ) 2009年12月20日訪問 御髪神社 大河内山荘から北に向かって進む。JR西日本山陰本線のトンネル上を越え、トロッコ嵐山駅に出るところで道が分岐する。左手に小倉池が広がる。既に3時近くになり日が傾き、池面に山の影が落ち始めていた。人出はあるもののなんとなく薄寒い感じのする場所である…

続きを読む

大河内山荘

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 大河内山荘 大河内山荘(おおこうちさんそう) 2009年12月20日訪問 大河内山荘 大乗閣と京の眺め 既に嵯峨野の町並み その5でも記述したように嵯峨野の竹林の中で西と北に分岐する箇所には、檀林寺旧跡・前中書王遺跡の三宅安兵衛遺志の石碑が建てられている。ここより北側に入ると野宮神社の黒木鳥居がある。再び分岐点まで戻り…

続きを読む

野宮神社 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 野宮神社 その2 野宮神社(ののみやじんじゃ)その2 2009年12月20日訪問 野宮神社 嵯峨野の竹林の中で西と北に分岐する箇所には、檀林寺旧跡・前中書王遺跡の三宅安兵衛遺志の石碑が建てられていることは、既に嵯峨野の町並み その5で記述した。この分岐点の北側には野宮神社の黒木鳥居がある。この道は三宅安兵衛遺志の道標に…

続きを読む

嵯峨野の町並み その5

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 嵯峨野の町並み その5 嵯峨野の町並み(さがののまちなみ)その5 2009年12月20日訪問 嵯峨野の町並み 三宅安兵衛遺志の道標 豆腐茶屋の看板の方が大きい 千光寺の石段を下り、大堰川沿いを再び櫟谷宗像神社まで戻る。 渡月橋を渡り嵯峨野に入る。嵯峨野については、嵯峨野の町並み、その2、その3、その4と書いてきたので、…

続きを読む

大悲閣千光寺 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 大悲閣千光寺 その2 黄檗宗 嵐山 大悲閣千光寺(だいひかくせんこうじ)その2 2009年12月20日訪問 大悲閣千光寺 了以像 大悲閣千光寺では、その位置と角倉了以よる中興までの歴史について記した。ここでは了以が大悲閣千光寺を創建することとなった河川開削事業について書いてみる。大悲閣千光寺 大悲閣大悲閣千光寺 大悲閣…

続きを読む

大悲閣千光寺

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 大悲閣千光寺 黄檗宗 嵐山 大悲閣千光寺(だいひかくせんこうじ) 2009年12月20日訪問 大悲閣千光寺 大河内山荘からの眺め 渡月橋より大堰川右岸の大悲閣道を凡そ1キロメートル上流に歩くと、大悲閣千光寺へと続く石段が現れる。この石段の始まる左手には、松尾芭蕉の「花の山 二町のぼれば 大悲閣」句碑と称するものがある。…

続きを読む

大堰川

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 大堰川 大堰川(おおいがわ) 2009年12月20日訪問 大堰川 櫟谷宗像神社を出て、大悲閣を訪問するため大堰川の右岸を上流に向かって歩いて行く。この道は自動車の通行も無く、ほぼ歩行者のための道となっている。大堰川 渡月橋を眺める大堰川 既に嵐山の町並みで大堰川と秦氏による開発、渡月橋でも大堰川あるいは大井川について、…

続きを読む

櫟谷宗像神社

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 櫟谷宗像神社 櫟谷宗像神社(いちたにむなかたじんじゃ) 2009年12月20日訪問 櫟谷宗像神社 梅宮大社の石造の一之鳥居を潜り、四条通に戻る。梅宮大社前の停留所より京都市バス28系統大覚寺行に乗車する。バスは松尾橋で大堰川を渡り、阪急嵐山線松尾駅で右折し京都府道29号宇多野嵐山山田線に入る。そのまま北上し、法輪寺の門…

続きを読む

梅宮大社 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 梅宮大社 その2 梅宮大社(うめみやたいしゃ)その2 2009年12月20日訪問 梅宮大社 東神苑の池中亭 梅宮大社で記したように、梅宮大社の公式HPに掲載されている御由緒でも、檀林皇后が橘氏の祖神を祀るためにこの地に遷座させたとしている。しかしその創建の年代は明らかにしていない。「伊呂波字類抄」(風間書房 1965年…

続きを読む

梅宮大社

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 梅宮大社 梅宮大社(うめみやたいしゃ) 2009年12月20日訪問 梅宮大社 楼門 梅宮大社は西梅津村が東梅津村に接する辺りにある。「延喜式」神名帳の葛野郡二十座の内、「梅宮坐神 並名大。月次 新嘗」とあり、酒解神、大若子神、小若子神、酒解子神の四神を祀る。相殿の祭神は橘諸兄の孫の橘清友、その子の嘉智子すなわち嵯峨天皇…

続きを読む

梅津の町並み

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 梅津の町並み 梅津の町並み(うめづのまちなみ) 2009年12月20日訪問 梅津の町並み 四条通から松尾山を眺める 華厳寺から再び西芳寺川を渡り、地蔵院の石段へと戻る。ここからタクシーで次の訪問地・梅宮大社に向かう。車は東に走り、松尾の交差点で北に折れる。そのまま直進し物集女街道に入り、松尾大社と阪急嵐山線の松尾駅を過…

続きを読む

華厳寺

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 華厳寺 臨済宗永源寺派 妙徳山 華厳寺(けごんじ) 2009年12月20日訪問 華厳寺 衣笠山にある地蔵堂から再び華厳寺橋で西芳寺川を渡り、松尾山側に戻る。先ほど通過した華厳寺を訪問する。山門へと続く石段の右手には「鈴蟲の寺 華厳禅寺」の寺号標石がある。現在は臨済宗永源寺派の寺院で山号を妙徳山とする。 華厳寺の開山は江…

続きを読む

地蔵院 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 地蔵院 その2 臨済宗系単立 衣笠山 地蔵院(じぞういん)その2 2009年12月20日訪問 地蔵院 碧潭周皎と細川頼之の墓 地蔵院では、開山の碧潭周皎とこの地を買い取り地蔵院を建立した細川頼之について書いてみた。明徳3年(1392)頼之が64歳で没すると、その遺志よって周皎の墓の傍らに葬られ、将軍義満を始めとし、公卿…

続きを読む

地蔵院

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 地蔵院 臨済宗系単立 衣笠山 地蔵院(じぞういん) 2009年12月20日訪問 地蔵院 総門 西芳寺総門と西芳寺川に架かる大歇橋から再び池大雅美術館の近くの駐車場に戻る。先ほど歩いてきた華厳寺橋とは逆方向となる南側の石段を上る。この石段の脇には、「細川頼之公建立 一休禅師修養の寺 竹の寺 地蔵院庭園」という盛り沢山な道…

続きを読む

西芳寺

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 西芳寺 臨済宗系単立 洪隠山 西芳寺(さいほうじ) 2009年12月20日訪問 西芳寺 邀月橋と衆妙門 池大雅美術館より30メートル西に進むと西芳寺川に架かる橋と共に西芳寺の総門が現れる。今回は事前の拝観申請を出していないため、西芳寺の佇まいを眺めるだけとなる。天下の名園だけに、ゆっくり時間のとれる時に改めて訪問したい…

続きを読む

池大雅美術館 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 池大雅美術館 その2 池大雅美術館(いけのたいがびじゅつかん)その2 2009年12月20日訪問 池大雅美術館 池大雅美術館で記したように、池大雅の未亡人・玉瀾が没した天明4年(1784)に、大雅の門弟達が集まって大雅堂を東山の真葛ヶ原に建設している。その後、大雅堂は餘凪夜、月峰、清亮、定亮等によって護られてきた。しか…

続きを読む

池大雅美術館

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 池大雅美術館 池大雅美術館(いけのたいがびじゅつかん) 2009年12月20日訪問 池大雅美術館 最福寺からの道 最福寺跡から、山端の細い道を進むと妙徳山華厳寺、いわゆる鈴虫寺への入口が現れる。ここは後回しとして、先ずは西芳寺に向かう。右手に「老人園芸ひろば」という看板がある。更に進むと西芳寺川に架かる橋に出会う。この…

続きを読む