織陣

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 織陣 織陣(おりじん)2010年1月17日訪問 織陣Ⅰ 昭和56年(1981)竣工 宝暦・明和事件の背景とその影響を記すために、藤井右門邸跡から始まり、その2、その3、その4、その5までと、思ってもいなかった程の長文になってしまった。この明和事件の発生した明和4年(1767)は、幕末維新の100年前に当たる。まだ幕府の…

続きを読む

京都府立鴨沂高等学校 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 京都府立鴨沂高等学校 その2 京都府立鴨沂高等学校(きょうとふりつおうきんこうとうがっこう)その2 2010年1月17日訪問 鴨沂高等学校 九条家河原町邸の門を移築 京都市教育会が大正4年(1915)に建立した「従是東北 法成寺址」の石碑についての事々を法成寺址 その5において書いてきた。石碑が建てられた後に鴨沂高等学…

続きを読む

京都御苑 閑院宮邸 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 京都御苑 閑院宮邸 その2 京都御苑 閑院宮邸(きょうとぎょえん かんいんのみやてい) 2010年1月17日訪問 京都御苑 閑院宮邸 四世襲親王家の最後は、東山天皇の第6皇子・直仁親王が享保3年(1718)正月に創設した閑院宮。すでに2008年5月に京都御苑 閑院宮邸として一度書いているのでそちらもご参照下さい。 閑院…

続きを読む

京都御苑 出水の小川 その3

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 京都御苑 出水の小川 その3 京都御苑 出水の小川(きょうとぎょえん でみずのおがわ)その3 2010年1月17日訪問 京都御苑 出水の小川 2014年10月8日撮影 京都御苑 出水の小川では御所水道敷設について、京都御苑 出水の小川 その2では平安京造営以降の東北部の水環境と禁裏御用水の成立までを書いた。ここでは第一…

続きを読む

京都御苑 出水の小川 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 京都御苑 出水の小川 その2 京都御苑 出水の小川(きょうとぎょえん でみずのおがわ)その2 2010年1月17日訪問 京都御苑 出水の小川 京都御苑 出水の小川では本願寺水道など話しが少し横道に逸れてしまった。そのため御所の防災対策については説明できたものの御用水について触れることができなかった。ここでは御所水道敷設…

続きを読む

京都御苑 出水の小川

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 京都御苑 出水の小川 京都御苑 出水の小川(きょうとぎょえん でみずのおがわ) 2010年1月17日訪問 京都御苑 出水の小川 出水口より京都御苑に入ると右手にせせらぎが見える。傍らに立つ駒札には出水の小川と記されている。明治時代に御所の防火用水を確保するため、琵琶湖疏水を使用した御所水道が作られている。出水の小川は1…

続きを読む

徳大寺樋門の遺構

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 徳大寺樋門の遺構 徳大寺樋門の遺構(とくだいじひもんのいこう) 2009年12月20日訪問 徳大寺樋門の遺構 桂離宮の東側、すなわち桂川沿いの京都府道123号水垂上桂線を北に向かって歩いている時に見かけた遺構について記す。 桂離宮の美しい笹垣を左手に見ながら進み表門へ左に曲る直前、周囲をメッシュ状のフェンスに囲まれた敷…

続きを読む

桂大橋

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 桂大橋 桂大橋(かつらおおはし) 2009年12月20日訪問 桂川左岸 日出前 烏丸駅から梅田行の阪急京都本線快速急行に乗車し、桂駅に到着したのは6時30分。本日は桂川の右岸の松尾から嵯峨野にかけて巡る。まだ日の出前のため、桂駅から徒歩で桂川に向かい桂大橋上で日の出を迎える予定である。 桂川は左京区広河原と南丹市美山町…

続きを読む

京都府立鴨沂高等学校

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 京都府立鴨沂高等学校 京都府立鴨沂高等学校(きょうとふりつおうきんこうとうがっこう) 2009年12月10日訪問 京都府立鴨沂高等学校 九条邸から移築した門 京都府立鴨沂高等学校のグランドに巡らしたコンクリート塀の一角に掘り込むように作られた法成寺址の碑が建つ。時の最高権力者であった藤原道長が病を得て出家するために建立…

続きを読む

みそそぎ川

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ みそそぎ川 みそそぎ川(みそそぎがわ) 2009年12月10日訪問 みそそぎ川 取水口と京都府立医科大学付属病院の位置関係 この日は梁川星巌邸址の碑を見つけることなく、再び川端通丸太町の交差点から丸太町橋を渡り西岸に戻る。ここより鴨川沿いの遊歩道に下りる。鴨川の西岸をみそそぎ川の取水口まで歩く。 古くより鴨川は氾濫を繰…

続きを読む

旧京都中央電話局上分局

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 旧京都中央電話局上分局 旧京都中央電話局上分局(きゅうきょうとでんわきょくかみぶんきょく) 2009年12月10日訪問 旧京都中央電話局上分局 行願寺の山門を出て、下御霊神社そして横井小楠殉節地の碑の前を通り、再び丸太町通に戻る。鴨川に架かる丸太町橋を目指し東に進む。河原町通、土手町通を越えると右手に吉田鉄郎設計の旧京…

続きを読む

祇園閣 その4

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 祇園閣 その4 祇園閣(ぎおんかく)その4 2009年11月29日訪問 祇園閣 八坂塔方面 祇園閣 その2と祇園閣 その3では、祇園閣の設計者である伊東忠太の建築とパトロンとなった大谷光瑞について記してきた。前段が長くなり、祇園閣に達する前に終わってしまった。ここでは大倉喜八郎と忠太の関係から祇園閣の創建について書いて…

続きを読む

祇園閣 その3

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 祇園閣 その3 祇園閣(ぎおんかく)その3 2009年11月29日訪問 祇園閣 明治に入り欧米の近代建築を日本に取り込んでいく過程で、ジョサイア・コンドルに代表されるお雇い外国人達の果たした役割は大きい。明治10年(1877)に来日したコンドルは、その年に工部大学校造家学教師となり、辰野金吾、曽禰達蔵、片山東熊ら第一世…

続きを読む

祇園閣 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 祇園閣 その2 祇園閣(ぎおんかく)その2 2009年11月29日訪問 祇園閣 本堂西面からの眺め 大雲寺の本堂の西側には伊東忠太設計の祇園閣が建つ。既に記したように大雲院は四条河原町の貞安前之町から、昭和48年(1973)この東山の地に移転してきたため、大倉喜八郎が生前に建設した祇園閣と真葛荘の方が古くからこの地にあ…

続きを読む

葛野大堰

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 葛野大堰 葛野大堰(かどのおおい) 2009年11月29日訪問 葛野大堰 渡月橋から保津川を眺める 写真中央の堰が葛野大堰の跡とされている 大阪市中央区本町4丁目にあるホテルを朝の5時にチェックアウトし、大阪市立地下鉄本町駅より御堂筋線に乗車する。2つ先の梅田駅で下車し、地下街伝いに阪急電鉄梅田駅へと急ぐ。大阪より休日…

続きを読む

渡月橋

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 渡月橋 渡月橋(とげつきょう) 2008年12月21日訪問 渡月橋 法輪寺の裏参道を出ると、正面に大堰川と渡月小橋が現れる。 嵐山の項でも触れたように、渡月橋より下流は桂川と呼び、その上流を大堰川、あるいは保津川下りのように亀岡市保津町から渡月橋間を保津川と呼ぶこととなっている。 淀川水系のひとつである桂川は、京都府京…

続きを読む

国立京都国際会館

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 国立京都国際会館 国立京都国際会館 (こくりつきょうとこくさいかいかん) 2008年05月20日訪問 国立京都国際会館 宝ヶ池の北側に昭和41年(1966)建設された国立京都国際会館へは、いつかは訪れなければいかないと思いつつ、なんとなく足が向かないまま未訪問のままであった。それは地理的な理由もあったが、むしろどうして…

続きを読む

八木邸

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 八木邸 八木邸(やぎてい) 2008年05月18日訪問 八木邸 京都鶴屋 鶴寿庵の奥に八木邸の長屋門が見える 京福電鉄嵐山本線の踏み切りを越え、坊城通と綾小路通の角には新選組の屯所として使われた旧前川邸が残されている。その先に京都教育会が昭和6年(1931)に建立した新選組遺蹟が現れる。 八木家の始祖である朝倉氏は但馬…

続きを読む

旧前川邸

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 旧前川邸 旧前川邸(きゅうまえかわてい) 2008年05月18日訪問 旧前川邸 壬生の町並みで触れたように、浪士組が京に着くと更寉寺、新徳禅寺、壬生村会所、南部亀次郎邸、中村小藤太邸、四出井友太郎邸、八木源之丞邸、浜崎新三郎邸、柳恕軒邸、百姓玖太郎邸、百姓新三郎邸の11軒に分宿している。この宿割には旧前川邸が含まれてい…

続きを読む

角屋 その3

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 角屋 その3 角屋(すみや) その3 2008年05月18日訪問 角屋 臥龍松 最後に角屋の1階の座敷を見ていく。玄関を潜り、右手に曲がると入口の奥には右手の網代の間の庭が見える。この小さな坪庭が入口の暗さを救っている。この明るさに引かれて客は建物に上がっていく。角屋 その2で説明したように、客は建物に入ると壁に設けら…

続きを読む

角屋 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 角屋 その2 角屋(すみや) その2 2008年05月18日訪問 角屋 玄関の露地 角屋の2階部分は、各部屋毎に異なったテーマのもとに意匠を競う個性的な部屋となっている。これに対して1階には網代の間と松の間の2つの座敷以外は、揚屋を支える機能で満たされている。2階は撮影不可ではあるが、1階では写真撮影が許されている。角…

続きを読む

角屋

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 角屋 角屋(すみや) その1 2008年05月18日訪問 角屋 外観 渉成園の西門を出て、間之道通を南に下り七条通へ出る。七条河原町通から市バスで島原へ向かう。角屋の2階部分は午前1回、午後2回特別公開される。そのため既に予約しておいた10時30分までに角屋に着かないとならないのだが、乗車するバスを誤ったようで思ってい…

続きを読む

祇園閣

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 祇園閣 祇園閣(ぎおんかく) 2008年05月16日訪問 祇園閣 産寧坂から二年坂そして一念坂を下り、ねねの道を歩く時、町並みの屋根の上に見えるものは法観寺の五重塔(八坂の塔)と祇園閣である。 大倉財閥の創始者・大倉喜八郎は大正15年(1926)老後保養の地として真葛ケ原に別邸を建てている。しかし喜八郎は、この地で普通…

続きを読む

八坂の塔

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 八坂の塔 八坂の塔(やさかのとう) 2008年05月16日訪問 八坂の塔 文の助茶屋前 清水寺の参道である松原通から、七味家総本店の脇の石段に入ると産寧坂となる。この坂は最初、北に向かって下って行くが奥丹のあたりで西側に曲がり始める。再び北に向かうニ寧坂に入らずこの道沿いに進むと右手に八坂の塔が現れる。この奥丹から下り…

続きを読む

ホテルフジタ京都

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ ホテルフジタ京都 ホテルフジタ京都(ほてるふじたきょうと) 2008/05/15訪問 ホテルフジタ京都 鴨川側の外観 撮影2005/08/16  鴨川にかかる二条大橋の西詰めに吉村順三設計による昭和45年(1970)竣工のホテルフジタ京都が建つ。こちらのホテルには一度予約を入れたことがあったが、三宮で阪神大震災に遭い、…

続きを読む

高瀬川

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 高瀬川 高瀬川(たかせがわ) 2008/05/15訪問 高瀬川 一之舟入 高瀬川は慶長19年(1614)に、京都の中心部と伏見を結ぶために角倉了以・素庵父子が開削した運河である。高瀬川の名前は、輸送に使われた平底の舟を高瀬舟と呼んでいたことから付けられたものであり,角倉川ともいわれていた。  角倉家は室町幕府に仕える医…

続きを読む

新島襄旧邸

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 新島襄旧邸 新島襄旧邸(にいじまじょうきゅうてい) 2008/05/13訪問 新島襄旧邸 梨木神社の鳥居をくぐり、清和院御門の前の広場に再び出る。寺町通を南下する。右手は京都御苑の清和院駐車場が細長く続く。駐車場のさらに奥は仙洞御所である。単調な景色が続くので、府立鴨沂高等学校の角で左に入り、寺町通の一本東の新烏丸通を…

続きを読む

南禅寺 水路閣

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 南禅寺 水路閣 南禅寺 水路閣(なんぜんじ すいろかく) 2008/05/12訪問 南禅寺 水路閣 南禅寺本坊から出て法堂の南側に廻るとアーチ型橋脚を持ったレンガ造の建造物が現れる。琵琶湖疎水の水路閣は、京都を代表する景観の一つとなっている。しかし、京都駅や京都タワーや平安神宮と比較すればやや古いかもしれないが、まだ1…

続きを読む

三栖閘門

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 三栖閘門 三栖閘門(みすこうもん)  2008/05/10訪問 三栖閘門 寺田屋を後にし、竹田街道を南下する。東浜南町を西に入り歩いていくと右手側にモリタ製作所のレンガ造りの建物が一瞬道筋からのぞく。そのまま進み濠川に出る。橋を渡り川沿いに南下し、京阪電鉄の橋梁をくぐると伏見みなと橋と対岸に広がる伏見港広場が見えてくる…

続きを読む

JR稲荷駅ランプ小屋

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ JR稲荷駅ランプ小屋 JR稲荷駅ランプ小屋 (じぇいあーる いなりえき らんぷごや)  2008/05/10訪問 JR稲荷駅ランプ小屋 伏見稲荷大社の表参道から伏見街道に出ると目の前に朱の柱に白壁、瓦葺屋根のJR稲荷駅が現れる。駅舎に沿って南に下ると小さな切妻屋根をのせた赤レンガの小屋がある。これがJR稲荷駅ランプ小屋…

続きを読む