亀山陵

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 亀山陵 亀山陵(かめやまのみささぎ) 2009年1月12日訪問 亀山陵 亀山陵は、後嵯峨天皇の嵯峨南陵の左側に同じ檜皮葺宝形造の法華堂という形で並ぶ。 大覚寺や妙心寺 その3で同じことを書いてきたが、後嵯峨天皇によって作りだされた両統迭立によって、亀山天皇は最初の大覚寺統の天皇となる。 第90代亀山天皇は建長元年(12…

続きを読む

嵯峨南陵

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 嵯峨南陵 嵯峨南陵(さがのみなみのみささぎ) 2009年1月12日訪問 嵯峨南陵 左:亀山陵 右:嵯峨南陵 史跡名勝天然記念物に指定されている天龍寺の庭園を拝観した後、今年度最後の訪問地に向かう。2008年5月10日、京都駅に降り立ち小雨の泉涌寺に最初に訪れて以来、幸いにも8ヶ月の間に何回か京都に来る機会ができた。その…

続きを読む

天龍寺

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 天龍寺 臨済宗天龍寺派大本山 霊亀山 天龍寺(てんりゅうじ) 2009年1月12日訪問 天龍寺 本坊庭園 曹源池と左に嵐山 右に小倉山 本坊を拝観した後に塔頭の拝観を行なうつもりであったが、宝厳院の拝観時間が早く終わるため、天龍寺本坊を後回しにした。宝厳院から再び法堂まで戻り、庫裏への石段を上って行く。既に16時を大き…

続きを読む

天龍寺 宝厳院

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 天龍寺 宝厳院 天龍寺 宝厳院(ほうごんいん) 2009年1月12日訪問 天龍寺 宝厳院 中央に龍門滝が見える 法金剛院の五位山と双ヶ岡の連なりを眺めながら、花園駅からJR嵯峨野線に乗車し、2つ先の嵯峨嵐山駅で下車する。駅南口に出て、京福電気鉄道嵐山線の嵐電嵐山駅に進む。駅の直前を西に折れてさらに300メートル程度進む…

続きを読む

双ヶ丘

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 双ヶ丘 双ヶ丘(ならびがおか) 2009年1月12日訪問 双ヶ丘 法金剛院の山門を潜り出ると、たちまち交通量の多い丸太町通という現実の世界に戻る。横断歩道を渡るとJR山陰本線の花園駅の駅前広場が迎えてくれる。1996年に二条城駅とともに高架化され、駅舎も改められている。ホーム上部には木造構造の屋根が架けられ、街中の駅舎…

続きを読む

法金剛院 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 法金剛院 その2 律宗別格本山 五位山 法金剛院(ほうこんごういん) その2 2009年1月12日訪問 法金剛院 庭園 大治5年(1130)第74代鳥羽天皇の中宮待賢門院は、仁和寺の御堂として復興する。養父で寵愛を受けた白河法皇追善のためであり、この時に寺号を法金剛院と改めている。そして待賢門院は晩年をこの地で過ごす。…

続きを読む

法金剛院

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 法金剛院 律宗別格本山 五位山 法金剛院(ほうこんごういん) 2009年1月12日訪問 法金剛院 山門 妙心寺の南総門を出ると、東側から来た丸太町通が南西に緩やかに曲がって行く。道なりに進むと通りの向こう側にJR山陰本線の高架と花園駅が見えてくる。そのまま南総門から200メートルくらい進んだ右手に法金剛院の山門が現れる…

続きを読む

妙心寺 塔頭 その7

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 妙心寺 塔頭 その7 妙心寺 塔頭(みょうしんじ たっちゅう) その7 2009年1月12日訪問 妙心寺 塔頭 仙壽院と衣笠山 2012年1月撮影 玉鳳院と龍泉庵、東海庵、霊雲院、聖澤院の本派四庵以外の43の塔頭を南西、北西、北東、南東そして一条通の北側の5つのエリアに分けて見て行く。 一条通北エリア 42金臺寺 慶長…

続きを読む

妙心寺 塔頭 その6

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 妙心寺 塔頭 その6 妙心寺 塔頭(みょうしんじ たっちゅう) その6 2009年1月12日訪問 妙心寺 小方丈 玉鳳院と龍泉庵、東海庵、霊雲院、聖澤院の本派四庵以外の43の塔頭を南西、北西、北東、南東そして一条通の北側の5つのエリアに分けて見て行く。 南東エリア 31雑華院 天正11年(1583) 開山 一宙東黙 妙…

続きを読む

妙心寺 塔頭 その5

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 妙心寺 塔頭 その5 妙心寺 塔頭(みょうしんじ たっちゅう) その5 2009年1月12日訪問 妙心寺 塔頭 海福院玉鳳院と龍泉庵、東海庵、霊雲院、聖澤院の本派四庵以外の43の塔頭を南西、北西、北東、南東そして一条通の北側の5つのエリアに分けて見て行く。 北東エリア 23光国院 元和 6年(1620) 開山 梁南禅棟…

続きを読む

妙心寺 塔頭 その4

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 妙心寺 塔頭 その4  妙心寺 塔頭(みょうしんじ たっちゅう) その4 2009年1月12日訪問 妙心寺 塔頭 隣華院玉鳳院と龍泉庵、東海庵、霊雲院、聖澤院の本派四庵以外の43の塔頭を南西、北西、北東、南東そして一条通の北側の5つのエリアに分けて見て行く。 北西エリア 14大通院 天正14年(1586) 開山 南化玄…

続きを読む

妙心寺 塔頭 その3

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 妙心寺 塔頭 その3 妙心寺 塔頭(みょうしんじ たっちゅう) その3 2009年1月12日訪問 妙心寺 塔頭 徳雲院 山門への参道玉鳳院と龍泉庵、東海庵、霊雲院、聖澤院の本派四庵以外の43の塔頭を南西、北西、北東、南東そして一条通の北側の5つのエリアに分けて見て行く。 南西エリア 06慈雲院 承応 2年(1653) …

続きを読む

妙心寺 塔頭 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 妙心寺 塔頭 その2 妙心寺 塔頭(みょうしんじ たっちゅう) その2 2009年1月12日訪問 妙心寺 塔頭 東海庵 方丈玄関 次に妙心寺9世雪江宗深の4人の弟子、景川宗隆、悟渓宗頓、特芳禅傑、東陽英朝の4庵、すなわち龍泉庵、東海庵、霊雲院そして聖澤院を見て行く。 02龍泉庵 文明13年(1481) 開山 景川宗隆 …

続きを読む

妙心寺 塔頭

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 妙心寺 塔頭 妙心寺 塔頭(みょうしんじ たっちゅう) 2009年1月12日訪問 妙心寺 塔頭 玉鳳院 衡梅院を出て、非公開の塔頭を巡る。最初は妙心寺創設の歴史に関わる玉鳳院である。 01 玉鳳院 暦応 5年(1342) 関山慧玄(妙心寺 1世)                   開基 花園法皇 01 玉鳳院  玉…

続きを読む

妙心寺 衡梅院

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 妙心寺 衡梅院 妙心寺 衡梅院(こうばいいん) 2009年1月12日訪問 妙心寺 衡梅院 南庭 退蔵院の山門を出ると、再び朱塗りの三門が目に入る。勅使門、放生池、三門、仏殿そして法堂が一列に並ぶ妙心寺の主要伽藍を東に横切り、東海庵の豪華な唐門を眺めながら、右に曲がり再び衡梅院の山門前に戻る。妙心寺 衡梅院 山門 本山四…

続きを読む

妙心寺 退蔵院 その3

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 妙心寺 退蔵院 その3 妙心寺 退蔵院(たいぞういん) その3 2009年1月12日訪問 妙心寺 退蔵院 余香苑 前回の訪問の時に確認ができなかった方丈南庭を眺める。恐らく瓢鮎図の複写画と元信の庭に気を取られていたために、記憶に残っていなかったのであろう。今回の訪問が冬であったためか、工事中であるためなのかは分からない…

続きを読む

妙心寺 退蔵院 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 妙心寺 退蔵院 その2 妙心寺 退蔵院(たいぞういん) その2 2009年1月12日訪問 妙心寺 退蔵院 庫裏へのアプローチ 大心院を後にして、通年公開されている最後の塔頭である退蔵院を目指す。東海庵と玉鳳院の間を進むと、正面に衡梅院が現れる。今回、衡梅院も第42回京の冬の旅の非公開文化財特別公開で公開されているが、後…

続きを読む

妙心寺 大心院

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 妙心寺 大心院 妙心寺 大心院(だいしんいん)  2009年1月12日訪問 妙心寺 大心院 切石の庭 奥に祖堂が見える 桂春院の山門を出て、再び法堂を目指して進む。途中には大雄院、養徳院、蟠桃院、海福院そして雑華院の山門が並ぶが、いずれも開門しているものの非公開のため中に入ることはできない。雑華院の山門の斜め前には妙心…

続きを読む

妙心寺 桂春院

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 妙心寺 桂春院 妙心寺 桂春院(けいしゅんいん)  2009年1月12日訪問 妙心寺 桂春院 真如の庭 妙心寺の北総門から入り、そのまま参道に従って南に進むと、庫裏、法堂、仏殿そして三門という妙心寺の主要伽藍に行き着く。北総門を潜ってすぐに左手に曲がり、そのまま東に進むと光國院の山門が現れわれる。さらに道なりに進むと、…

続きを読む

妙心寺 その4

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 妙心寺 その4 臨済宗妙心寺派大本山 正法山 妙心寺(みょうしんじ) その4  2009年1月12日訪問 妙心寺 法堂 妙心寺 その2でも触れたように、山内に36塔頭、境外に10塔頭を持つ大寺院である。しかしこの内、常時一般に公開されているのは、龍安寺、桂春院、大心院、退蔵院の4塔頭に過ぎない。その他に期間限定や人数制…

続きを読む

妙心寺 その3

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 妙心寺 その3 臨済宗妙心寺派大本山 正法山 妙心寺(みょうしんじ) その3  2009年1月12日訪問 妙心寺 大方丈南庭 妙心寺 その2では、京都五山十刹を中心に臨済宗寺院の創建時期についてまとめてみた。亀山法皇が南禅寺、後醍醐天皇が臨川寺、後宇多天皇が龍翔寺、そして花園法皇が妙心寺を創建したことが分かる。この項で…

続きを読む

妙心寺 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 妙心寺 その2 臨済宗妙心寺派大本山 正法山 妙心寺(みょうしんじ) その2  2009年1月12日訪問 妙心寺 三門 第43回京の冬の旅で特別公開中 等持院の中門から参道を下り山門を潜ると、普通の住宅地の中へと入って行く。京福電気鉄道北野線の等持院から乗車する。2つの西の妙心寺で下車すると、仁和寺から南東に延びる一条…

続きを読む

等持院 その3

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 等持院 その3 臨済宗天龍寺派 萬年山 等持院(とうじいん) その3 2009年1月12日訪問 等持院 方丈北庭 芙蓉池と清漣亭 等持院には3つの庭がある。方丈を挟んで南側に南庭、北側に2つの庭がある。南庭は、比較的禅宗寺院の南庭の様式を守り、門の両脇に石組みと樹木を配する形になっている。本来ならば唐破風を持つ勅使門と…

続きを読む

等持院 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 等持院 その2 臨済宗天龍寺派 萬年山 等持院(とうじいん) その2 2009年1月12日訪問 等持院 方丈北庭 立命館大学の校舎を隠すように無理に樹木の背を高くしている 等持院では、創建から現在の等持院に至る歴史を記す予定だったが、その大部分を足利三代木像梟首事件に割いてしまった。  この寺院を訪問して強く感じる違和…

続きを読む

等持院

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 等持院 臨済宗天龍寺派 萬年山 等持院(とうじいん) 2009年1月12日訪問 等持院 方丈南庭の正面を眺める 広隆寺の楼門の前にある太秦広隆寺駅から京福電気鉄道嵐山本線に乗車し、ひとつ西の帷子ノ辻で北野線に乗り換える。ここより北野白梅方面に向かい、7つ目の等持院駅で下車する。  衣笠山を目指し、100メートルくらい住…

続きを読む

広隆寺 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 広隆寺 その2 真言宗系単立寺院 蜂岡山 広隆寺(こうりゅうじ) その2 2009年1月12日訪問 広隆寺 上宮王院 まだ朝も早く、広隆寺の楼門は開いているものの、宝物殿等の拝観は始まっていないようだった。ともかく雪化粧となった境内のみを見ていく。 広隆寺 駐車場の竹林広隆寺 竹林 三条通より元禄15年(1702)に建…

続きを読む

広隆寺

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 広隆寺 真言宗系単立寺院 蜂岡山 広隆寺(こうりゅうじ) 2009年1月12日訪問 広隆寺 太子道に面した楼門 太秦の町並みの項で記したように、木嶋神社の二の鳥居の南側を東西に走る道は太子通と呼ばれている。この道の名称通り、西に進むと目指す広隆寺に至る。木嶋神社を出て200メートル進むと左手後方(東南方向)から三条通が…

続きを読む

太秦の町並み

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 太秦の町並み 太秦の町並み(うずまさのまちなみ) 2009年1月12日訪問 太秦の町並み 木嶋神社から広隆寺への道 太子道 木嶋神社の境内から、二の鳥居を潜ると東西に走る通りに出る。この通りは太子道とよばれている。一般的に太子道とは、日本の古代道路のうち、聖徳太子が通ったとされているものを指し示すようだが、この太子道は…

続きを読む

木嶋坐天照御魂神社 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 木嶋坐天照御魂神社 その2 木嶋坐天照御魂神社 その2(このしまにますあまてるみたまじんじゃ) 2009年1月12日訪問 木嶋神社 三柱鳥居 木嶋神社の起源は定かではない。続日本紀の大宝元年(701)4月3日の条にこの神社の名があることからそれ以前から祭祀されていたことが分かる。延喜5年(905)醍醐天皇の命により藤原…

続きを読む

木嶋坐天照御魂神社

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 木嶋坐天照御魂神社 木嶋坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ) 2009年1月12日訪問 木嶋神社 二の鳥居 1月11日の最後に訪問した伏見稲荷大社の八島ヶ池から、大橋家の前を通り過ぎ、東福寺駅から京阪電鉄に乗車し、祇園四条で下りる。ここから四条通を西に歩き、室町通のホテルに戻る。木嶋神社 三条通に面し…

続きを読む