是枝柳右衛門の寓居

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 是枝柳右衛門の寓居 是枝柳右衛門の寓居(これえだりゅうえもんのぐうきょ) 2009年12月10日訪問 是枝柳右衛門の寓居 GoogleMapより  田中河内介の寓居 その4では臥龍窟の凡その場所を推定してみた。この臥龍窟には多くの有志が訪れたことが伝えられている。そして寺田屋事件の発生した夜、ここに薩摩の是枝柳右衛門が…

続きを読む

田中河内介の寓居 その4

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 田中河内介の寓居 その4 田中河内介の寓居(たなかかわちのすけのぐうきょ)その4 2009年12月10日訪問 田中河内介の寓居 京都都市計畫圖より  田中河内介の寓居 その3では、田中河内介・左馬介父子、海賀宮門、千葉郁太郎、中村主計そして青水頼母の最期を記した。最後に川端通丸太町上ル東側にあった臥龍窟と維新後の田中河…

続きを読む

田中河内介の寓居 その3

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 田中河内介の寓居 その3 田中河内介の寓居(たなかかわちのすけのぐうきょ)その3 2009年12月10日訪問 田中河内介の寓居 GoogleMapより  田中河内介の寓居 その2では、寺田屋事件発生後の薩摩藩の対応について田中河内介一党以外について記してみた。ここでは河内介等の最期を描いてみる。 寺田屋事件に関わった薩…

続きを読む

田中河内介の寓居 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 田中河内介の寓居 その2 田中河内介の寓居(たなかかわちのすけのぐうきょ)その2 2009年12月10日訪問 田中河内介の寓居 豊田小八郎著「田中河内介伝」より  田中河内介の寓居では、安政の大獄が始まるまでの河内介の暮らしぶりについて記してきた。特に梁川星巌、梅田雲浜そして頼三樹三郎に対する人物評を読むと、「性、狷介…

続きを読む

田中河内介の寓居

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 田中河内介の寓居 田中河内介の寓居(たなかかわちのすけのぐうきょ) 2009年12月10日訪問 田中河内介の寓居 GoogleMapより  石碑や駒札もないため、その正確な場所は特定できないものの、川端通丸太町上ルには梁川星巌の鴨斤小隠とともに田中河内介の寓居・臥龍窟があった。石田孝喜氏の著書「幕末京都史跡大事典」(新…

続きを読む

梁川星巌邸址 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 梁川星巌邸址 その2 梁川星巌邸址(やながわせいがんていあと)その2 2009年12月10日訪問 梁川星巌邸址 2011年6月18日撮影 安政4年(1857)10月、梁川星巌は8年暮らした川端丸太町から、東三本木の貸家に居を移し鴨沂水荘と称している。この項では若干脱線するが、三本木に移り住んだ後の星巌と紅蘭、そして鴨沂…

続きを読む

梁川星巌邸址

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 梁川星巌邸址 梁川星巌邸址(やながわせいがんていあと) 2009年12月10日訪問 梁川星巌邸址 立命館草創の地の碑から山紫水明処の前を通り丸太町通に戻る。そして丸太町橋を渡り左京区に入る。昭和47年(1972)から始まった三条・出町柳間の地下化工事は、平成元年(1989)に完成し現在では京阪鴨東線として営業している。…

続きを読む

建仁寺 両足院

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 建仁寺 両足院 建仁寺 両足院(けんにんじ りょうそくいん) 2008年11月22日訪問 建仁寺 両足院 書院前庭 金戒光明寺大方丈の東庭 紫雲の庭を後にして、次に予定していた清水寺成就院を目指す。本来ならば山門を潜り春日北通に面した高麗門を通るところだが、放生池の南側から真宗大谷派岡崎別院と岡崎神社の間の坂道を下る。…

続きを読む

金戒光明寺 紫雲の庭

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 金戒光明寺 紫雲の庭 浄土宗大本山 紫雲山 金戒光明寺 紫雲山の庭(こんかいこうみょうじ しうんのにわ) 2008年11月22日訪問 金戒光明寺 紫雲の庭 真如堂から金戒光明寺へと続く道の東側には会津藩殉難者墓地、そして西側にはその墓地を管理している西雲院がある。これを過ぎると金戒光明寺の巨大な墓地の中に入っていく。東…

続きを読む

金戒光明寺 西雲院

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 金戒光明寺 西雲院 金戒光明寺 西雲院 (こんかいこうみょじさいうんいん) 2008年11月22日訪問 金戒光明寺西雲院 真如堂から金戒光明寺の境内に入り、御影堂へと続く道の途中に会津藩殉難者墓地がある。道の東側に墓地、そして西側の塀の中が金戒光明寺の塔頭である西雲院の境内となっている。また会津藩殉難者墓地自体も西雲院…

続きを読む

会津藩殉難者墓地 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 会津藩殉難者墓地 その2 会津藩殉難者墓地 (あいづはんじゅんなんしゃぼち) その2 2008年11月22日訪問 会津藩殉難者墓地 真如堂から金戒光明寺の境内につながる道の左側に会津藩殉難者墓地がある。 金戒光明寺にある会津藩殉難者墓地は、坂本龍馬や天誅組の祀られている霊山墓地と違い、訪れる人も疎らで永久の眠りを護る静…

続きを読む

真正極楽寺 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 真正極楽寺 その2 天台宗鈴聲山 真正極楽寺 (しんしょうごくらくじ) その2 2008年11月22日訪問 真正極楽寺 櫻本陵から、再び哲学の道に戻り、そのまま東に進む。鹿ケ谷通と白川通を横断すると次第に上り坂になってくる。そのまま進むと、北側から真如堂の境内に入っている。紅葉の名所だけに、やや盛りを過ぎているものの人…

続きを読む

白川

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 白川 白川 (しらかわ) 2008年05月20日訪問 白川 有済橋の傍らに建つ「なすありの径」の碑 祇園新橋を流れる白川は、比叡山と如意ヶ岳の間に位置する滋賀県大津市山中町の山麓にその源を発している。この周辺の谷の流れを集めて、北白川中山町、琵琶町そして地獄谷町あたりで白川の流れとなり、志賀越道に沿って下る。北白川仕伏…

続きを読む

祇園新橋の町並み その3

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 祇園新橋の町並み その3 祇園新橋の町並み (ぎおんしんばしのまちなみ) その3 2008年05月20日訪問 祇園新橋の町並み 2008年5月15日撮影 まだまだ祇園新橋の写真が残っていますので掲載します。祇園新橋の成り立ちについては、祇園新橋の町並みをご参照ください。祇園新橋の町並み 辰巳大明神へ続く切通し 2008…

続きを読む

祇園新橋の町並み その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 祇園新橋の町並み その2 祇園新橋の町並み (ぎおんしんばしのまちなみ) その2 2008年05月20日訪問 祇園新橋の町並み 辰巳大明神の緑と朱色が町並みを活性化している まだ祇園新橋の写真が残っていますので掲載します。祇園新橋の成り立ちについては、祇園新橋の町並みをご参照ください。祇園新橋の町並み 巽橋の東にある新…

続きを読む

祇園新橋の町並み

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 祇園新橋の町並み 祇園新橋の町並み (ぎおんしんばしのまちなみ) 2008年05月20日訪問 祇園新橋の町並み 辰巳大明神と町家 一力亭の角で四条通の北側に渡る。祇園新橋に向かうのには、花見小路通から行くのではなく、一本西側の細い道を北に上るほうが、祇園の風情を感じられて良い。花見小路通は飲食店の入ったビルが立ち並び、…

続きを読む

祇園の町並み その3

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 祇園の町並み その3 祇園の町並み (ぎおんのまちなみ) その3 2008年05月20日訪問 祇園の町並み 四条通に面した一力亭 最終日の朝、八坂神社脇のホテルをチェックアウトし、荷物を持ったまま修学院離宮などがある洛北を目指す。修学院離宮の決められた拝観時間より少し早めにホテルを出て、市営地下鉄・東山駅に向うが、その…

続きを読む

祇園の町並み その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 祇園の町並み その2 祇園の町並み(ぎおんのまちなみ) その2 2008年05月18日訪問 祇園の町並み 夜の辰巳大明神祇園の町並み 鴨川の西岸に建つ東華菜館 四条河原町から四条通を東に進む。近江屋 その3で触れた鳥新は、高瀬川の東詰めにあったと言われている。慶応3年(1867)11月15日の夜、坂本龍馬は近江屋から峯…

続きを読む

近江屋跡 その3

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 近江屋跡 その3 近江屋跡(おうみやあと) その3 2008年05月18日訪問 近江屋跡 坂本龍馬・中岡慎太郎遭難地の碑 再び話しを坂本龍馬と近江屋に戻す。  慶応3年(1867)11月15日を再現してみる。  近江屋跡 その2で触れたように越前藩から帰京した龍馬は、河原町三条の酢屋へ戻る。材木業を営む酢屋は、角倉家よ…

続きを読む

近江屋跡 その2

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 近江屋跡 その2 近江屋跡(おうみやあと) その2 2008年05月18日訪問 近江屋跡 坂本龍馬・中岡慎太郎遭難地の碑 船中八策の全てが龍馬のアイデアではない。文久2年(1863)幕府総裁職に就任した松平春嶽のために、横井小楠が幕政改革の方針を国是七条により定めている。船中八策はこの国是七条に強い影響を受けている。そ…

続きを読む

近江屋跡

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 近江屋跡 近江屋跡(おうみやあと) その1 2008年05月18日訪問 近江屋跡 河原町通に面して碑が建つが足を止める人は少ない 壬生寺から坊城通に出て、北に進む。坊城通と四条通の角にある隼神社・元祇園梛神社の向かい壬生寺道停留所から市バスに乗車する。四条通を東に走り、四条烏丸で下車し、室町通に建つホテルに向かう。再び…

続きを読む

会津藩殉難者墓地

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 会津藩殉難者墓地 会津藩殉難者墓地(あいづはんじゅんなんしゃぼち) 2008年05月17日訪問 会津藩殉難者墓地 真如堂から金戒光明寺の境内につながる道の左側に会津藩殉難者墓地がある。 安政7年(1860)大老・井伊直弼が桜田門外で水戸藩浪士達によって暗殺され、安政の大獄で弾圧されてきた松平春嶽ら開明派の人々が復権して…

続きを読む

金戒光明寺

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 金戒光明寺 金戒光明寺(こんかいこうみょうじ) 2008年05月17日訪問 金戒光明寺 文殊塔 真正極楽寺の本堂の裏を南に歩いていくと、いつの間にか金戒光明寺の境内に入っていく。 浄土宗総本山の金戒光明寺の山号は紫雲山。浄土宗の開祖・法然は、知恩院、安楽寺そして法然院で触れたように、長承2年(1133)に現在の岡山県に…

続きを読む

真正極楽寺 (真如堂)

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 真正極楽寺 (真如堂) 天台宗鈴聲山 真正極楽寺 (しんしょうごくらくじ) 2008年05月17日訪問 真如堂 本堂 吉田神社の末社・斎場所大元宮から宗忠神社に向って坂道を下る途中で、大きな屋根と三重塔が正面に見えてくる。これが真如堂の堂宇である。宗忠神社の石段を下り、神樂岡東陵を左手に見ながら進むと、真如堂の朱塗りの…

続きを読む

神樂岡東陵

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 神樂岡東陵 神樂岡東陵 (かぐらがおかのひがしのみささぎ) 2008年05月17日訪問 神樂岡東陵 宗忠神社の参道を下り、真如堂に向けて東に進む途中に、神樂岡東陵が民家の中にある。神樂岡東陵には陽成天皇が祀られている。 陽成天皇は、貞観10年(869)清和天皇の第一皇子・貞明親王として生まれている。母は権中納言藤原長良…

続きを読む

宗忠神社

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 宗忠神社 宗忠神社(むねただじんじゃ) 2008年05月17日訪問 宗忠神社 吉田神社の末社・大元宮から境外末社・竹中稲荷社へつながる道を進み吉田山の東麓を下って行く。竹中稲荷社の鳥居が始まる右手前に宗忠神社へとつながる道が現れる。この道は宗忠神社の境内へ脇から入る口で、正式な参道は吉田山の東麓を下ったところから始まる…

続きを読む

吉田神社

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 吉田神社 吉田神社(よしだじんじゃ) 2008年05月17日訪問 吉田神社 斎場所大元宮 緑寿庵清水のある鞠小路通をそのまま南に下ると、東一条通との交差点で東一条通に入り東へ進む。京都大学の本部構内と吉田南構内の間を進むと、正面に吉田神社の赤い鳥居が現れる。ここより長い参道が始まる。吉田神社 一の鳥居吉田神社 参道の燈…

続きを読む

緑寿庵清水

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 緑寿庵清水 緑寿庵清水(りょくじゅあんしみず) 2008年05月17日訪問 緑寿庵清水 男性客に入り難い店かもしれない 白沙村荘を後にして、次の吉田神社へと向かうため今出川通を西に進む。本来は東大路通との交差点である百万遍を南に下るべきだが、お土産を買うために緑寿庵清水へ寄り道する。角にある思文閣本社を目印として、東大…

続きを読む

聖護院・岡崎の町並み

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 聖護院・岡崎の町並み 聖護院・岡崎の町並み(しょうごいん・おかざきのまちなみ) 2008年05月17日訪問 聖護院・岡崎の町並み 岡崎を流れる白川 熊野神社から聖護院にかけては聖護院の森と呼ばれていた。平安神宮の北側に市立錦林小学校がある。錦林は「きんりん」と読み、紅葉の頃は錦の織物の様に美しいことから名付けられている…

続きを読む

岡崎神社

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 岡崎神社 岡崎神社(おかざきじんじゃ) 2008年05月17日訪問 岡崎神社 本殿 御辰稲荷神社から丸太町通を平安神宮・神苑の鬱蒼とした森を見ながら東に進み、蒲生君平先生仮寓御趾の石碑前を過ぎる。丸太町通と白川通が交わる天王町の交差点の手前に、黒谷の南斜面から森が続くように木々の色が濃くなる場所がある。丸太町通に面した…

続きを読む