妙顯寺

ブログを引越しました! → 徘徊の記憶│Haikai no kioku ・ 妙顯寺

日蓮宗 龍華 具足山 妙顯寺(みょうけんじ)2010年1月17日訪問

画像
妙顕寺 山門

 宝鏡寺の特別公開を拝観した後、寺之内通を100メートル程度東に進むと、妙顯寺の山門が現れる。妙顯寺は日蓮宗の大本山、開基は日像である。
 日像は文永6年(1269)下総国に生まれている。俗姓は平賀氏で幼名は経一丸。建治元年(1275)日蓮の弟子で兄の日朗に師事し、後に日蓮の弟子となっている。永仁元年(1293)日蓮の遺命を受け、京都での布教を始める。上洛して間もない永仁2年(1294)には、禁裏に向かい上奏する。その後、辻説法を行い造酒屋の柳屋仲興や大覚寺の僧で後に妙顯寺2世となる大覚らの帰依を受ける。しかし徳治2年(1307)延暦寺、東寺、仁和寺、南禅寺、相国寺、知恩寺などの諸大寺から迫害を受ける。さらに朝廷に合訴され、京都追放の院宣を受けてしまう。それでも真言寺の実賢、極楽寺の良桂、歓喜寺の実眼らと法論を行い折伏している。
 真言寺とは洛西の鶏冠井村(現在の向日市鶏冠井町)の真言宗寺院の真言寺のことであり、住持・実賢が日像に帰依したため日蓮宗に改宗されている。寺号も真言宗の「真」と日像の経一丸より「経」の字を採り真経寺に改めている。関西では初めて日蓮宗寺院になり、鶏冠井村はその拠点になっている。極楽寺の良桂も同様である。
 極楽寺は、清和天皇・陽成天皇・光孝天皇・宇多天皇の四代にわたり朝廷の実権を握り阿衡事件を引き起こした藤原基経が発願し洛南の深草に建立した寺院である。当時の住持であった良桂は日像との法論を行い、日像に帰依している。真言律宗寺院であった極楽寺は延慶年間(1308~11)日蓮宗に改宗している。日像は法華経の首題を書刻した石塔婆を京の七口に立てたたが、極楽寺もその1つとなった。興国3年(1342)妙顯寺で入寂した日像は、その遺言により極楽寺において荼毘に付されている。廟所が造られ、寺号を鶴林院宝塔寺に改め常寂寺と称していた。日蓮宗に改宗された常寂寺は応仁の乱で焼失し、長らく再建されなかった。天正18年(1590)8世日銀が伽藍を再建し、寺名を宝塔寺に改めている。
 歓喜寺も洛北・松ヶ崎の天台宗延暦寺派の寺院である。日像の説法により村人全てが改宗し、住持の実眼も天台宗から日蓮宗に改宗し、寺号も歓喜寺から妙泉寺に改めている。このように既存教団の信徒を改宗させ日蓮宗の寺院を拡張したため、他宗派から弾圧が加えられることとなった。

画像
妙顕寺 本堂は工事中
画像
妙顕寺

 徳治2年(1307)の追放は延慶2年(1309)赦され日像は京都へ戻るが、翌3年(1310)になると再び諸大寺から合訴され京都から追放される。そして同4年(1311)赦免、元亨元年(1321)に追放そして赦免と、目まぐるしく追放と赦免を繰り返した。
 日像は布教の拠点である法華堂を綾小路大宮(四条大宮の南)に建てていた。これは日像が裕福な洛中の商工人を信徒としていたためであり、この地は商工人街であった。元亨元年(1321)今小路に妙顕寺を建立している。現在の上京区大宮通上長者町で安居院の旧地とされている。安居院は比叡山東塔竹林院の里坊があった場所の地名で現在の上京区前之町にあたる。平安時代末期の安居院には坊舎があったことが史料から分かる。鎌倉時代以降、延暦寺門跡の院家として活動したことにより朝廷・貴族・武家との結び付きが密接になっていった。そのため安居院には山門系の諸坊が群集していた。しかし応仁の乱で悉く焼失した後は再興されることがなかった。後に豊臣秀吉によって妙覚寺、妙顯寺、本法寺、西福寺などが安居院の地に移され、超勝院や大応寺なども新しく建立されている。そのためかつての里坊である安居院を復興した西法寺は北側の上京区新ン町に建つこととなった。

 元弘3年(1333)3月、護良親王は隠岐配流中の後醍醐天皇の京都帰還を祈念する令旨を日像に下している。そして帰還が決まった同年5月12日には尾張国松葉荘・小家郷そして備中国穂太荘が寄進されている。建武元年(1334)には後醍醐天皇の綸旨を賜わり勅願寺となる。これは法華宗における初めての勅願寺であり、日蓮法華宗の独立を朝廷が認めたものであった。さらに建武3年(1336)には、室町将軍家の祈祷所、同4年(1337)に光厳院の祈願所になっている。そして暦応4年(1341年)光厳院の院宣により、四条櫛笥(現京都市下京区・中京区の境)の1町を賜わり寺地を移転している。これ以降、妙顕寺を四条門流と呼ぶようになった。
 このような洛中での繁栄は再び比叡山衆徒の反感を買うこととなり、正平7年(1352)2月に法華堂を破壊されている。それでも正平10年(1355)には足利尊氏より近江国、備前国、備後国などの寺領を安堵され、祈祷を行うべきの御教書を与えられるなど、公武政権と密接な関わりを深めていった。延文3年(1358)に賜わった後光厳天皇の綸旨に「為四海唱導」の一句が見られる。四海唱導とは,天下・世の中・国中に教えを説いて人を導いたという意味である。妙顕寺は、門流分立する法華宗の中にあって北朝より宗内最高の寺院の公認を得たと捉えている。以降、四海唱導妙顕寺と称する一方、境内に四海唱導之霊蹟の碑を建てている。また日像を継いだ2世大覚は、同じく延文3年夏に祈雨祈祷を行い、その功績により、日蓮に大菩薩号、日朗と日像に菩薩号を勅許され、大覚には大僧正を任ぜられた。
画像
妙顕寺
「尾形光琳墓在此寺中」碑と「菩提所泉妙院コレヨリ東三十米」碑